本文へスキップ
 
 内なる空へ
〜悩み苦しみからの解放〜

お電話でのご予約・お問い合わせはTEL.078-413-8219

兵庫県神戸市東灘区岡本

あるがままに見る

「あるがままに見る」というのは、対象に名前やイメージを貼り付けず、解釈や価値観、偏見、過去の記憶を一切持ち込まず、「ただ見ること」です。

花を見て、「これはバラだ」と言う瞬間、もうあなたは花そのものを見ていません。それそのものを見逃しています。

バラという名前も、これまであなたがバラについて見たり聞いたりしてきた事実も、「在ること」の後に、外から教わったものです。

それは思考であり、思考のカーテン越しに見ているということです。

それをバラとも呼ばず、花とも思わず、ありのままに見る。言葉のラベルを貼ることなく、それについて考えることなく見る。

思考が始まる以前の意識にとどまり、なんの観念も持たず、それについての知識も持たず、自分のまわりにいかなる雲(考え/言葉)も浮かばせることなく、目の前の現実に見入るとき、姿かたちの奥にある存在を見るようになります。自然全体に浸透している知性を感じるようになります。
思考がストップした意識の状態です。

あなたの中の思考活動がストップして、今ここに在るとき、あなたの中の存在が対象の中の本来の姿を映し出すのです。

あなたが一切の思考を手放し、一瞬でも今に在ることができたら、自分がつくっている思考の世界とは別次元の、真実の世界、実在の世界、言葉のないあるがままの世界を垣間見るようになります。

「まったくわかっていなかった。まったく見ていなかった。」という気づきが目覚めです。魂の歓喜です。

それは、成功や達成や他者との関係や自分の状況など、外側のなににも依存しない喜びであり、平安です。

生命は躍動感です。
あなたが見て取れば、あなたが正しい道にあれば、いたるところに神性と神聖さを見ることでしょう。

山々は沈黙して輝き、木々はみずみずしく、花々はそれ自身の芳香を放ち、鳥たちは歌い、踊り、飛び跳ねている。
生命は、生き生きしていることです。リズムであり、動きであり、今この瞬間です。それは自発的であり、シンプルでありナチュラルです。自分と全体がひとつなっている躍動であり光です。
それは、あなたの本性です。あなたの意識の本質です。

何かがうまくいったから幸せ、何かを手に入れたから幸せ、誰かとの繋がりを感じるから、誰かが認めてくれたから嬉しい、というような間接的な喜びではなく、もっと直接的で、より活き活きしていて、ダイナミックで、魂の記憶にダイレクトに深い癒しと変容をもたらす光であり愛です。

あなたの意識の内奥には、あなたが気づいていない宝が、あなたが真に求めているものがあります。

人や出来事や対象物に、すぐさま言葉のラベルを張ったり、それについて考えるのではなく、自我を手放し無思考の境地にあるとき、心の動きが止まるとき、隠されていたものが、いつもここにある空が、あなたにあなた自身を気づかせてくれるようになります。


空を見る。
山を見る。
川の水の流れを見る。ただ感じてみる。
太陽の光を、風を、全身で感じてみる。

頭をなしにして、ハートで感じてみる。

思考を観る。
感情の動きと、感覚とともに在る。
意識の内側にとどまり、動くものを、動くままに、ともに在る。

比較したり判断をくだしたり、分析したり評価したり、解釈することなく、自分の内側と外側をあるがまま受け入れる。

考えについて考えず、感情について考えず、誰かについて考えない。
誰かや何かについて考えている自分を観る。気づく。

たとえ世界が変わっても、あなたが変わらない限り、あなたの世界は何も変わらないでしょう。
あなたの意識が変容したら、世界が、周囲が、何も変わらなくても、あなたの内側には平和と安らぎと洞察があるでしょう。

内なる自己に目覚め、魂の目を開き、意識の内側で自らを観察するとき、光が闇を照らし、あなた自身に根本的な変化をもたらすようになります。変えようとせずして変わります。

あるがままに観ることは、「在ること」につながります。自分(思考)に気づくようになります。
そして、在ることを通して、潜在意識のより深い無意識に入り、思考や感覚がつくりだすいくつもの層や領域や側面を超えていくのです。


     ハートの音
  −宇宙の振動を感じて−






Cielビルダークリニック

〒658-0072
兵庫県神戸市東灘区岡本
TEL:078-413-8219
FAX:078-413-8219
mail:sky@heal-ciel.com